2008/09/22

2008/09/21自主研究(スイッチ研究)

自由室と同会場にて
自主研究会が行われました。
自由室のスタッフメンバーには、
障害を持っている当事者の方も多く参加しています。
また、工作の得意な人もいます。
その人たちが中心になって、
障害があってもパソコンなどを
より操作しやすい環境を研究しています。
自主研究
メンバーの都合で不定期に行われています。
今回はスタッフのLさんが使用していた、今までのスイッチの
バージョンアップ版をスタッフのRさんが持って来てくれました。

最初のスイッチでは、マウスを改造しているため、
Windows操作などを行えないということでしたので、
このスイッチとパソコンの間にできマウスを接続して
Windows操作も可能になっています。
自主研究

また、
スイッチは長期に使用していると 
ある部分が摩耗してきたり、
壊れたりする場合もあり、
そのへんを考えた作りや、補強が必要になります。
自主研究


使う人の操作方法はさまざまなので、
その操作方法にあわせたスイッチを
模索、研究しています。
自主研究

1 comment:

ラッキー said...

今晩は。初めて書き込みします。
いい写真ですね。